狭いスペースを有効活用

寝る人

特徴とメリットデメリット

二段ベッドはベッドの形としてよく見られるものですが、実は三段ベッドも存在します。三段ベッドは三人兄弟が同じ部屋で寝たいという場合におすすめのベッドです。ベッド一つ分のスペースで三人が寝られるのでスペースを有効活用できます。従来の二段ベッドでは一人が布団となり、兄弟喧嘩になるおそれもありましたが、三段ベッドならば条件は同じなのでそれもありません。多くの三段ベッドが分解できるようになっているので、スペースに余裕ができたらそれぞれのローベッドとして分解することもできます。三段ベッドのメリットは他にもあります。第一にコストが低くてすむということです。一つ一つベッドを買うよりも、まとめて買った方が安くすむことが多いです。いずれ分解できるタイプにすれば無駄もありません。二つ目に布団の上げ下ろしが不要であるという点です。たいていの三段ベッドはすのこがしいてあるので、通気性がよくなっており、布団をいちいち上げ下ろししなくても快適に過ごせるようになっています。親の労力を考えると大きなメリットといえるでしょう。三段ベッドと一口にいっても、ベッドをそのまま三段積んだタイプと、一番下のベッドを引き出すタイプがあります。三段ベッドは一人一人の高さが低くなってしまい、圧迫感がでるというデメリットがあります。引き出しタイプならば一人一人の圧迫感を最小限にすることができ、普段はしまって省スペースに使うことができます。ただ引き出しタイプだと引き出すタイプをめぐって喧嘩になる可能性があるので、やはりその点は注意しなければなりません。

Copyright© 2017 地震がきても倒れる心配がなく強度も強い三段ベッドが注目されている All Rights Reserved.